1. HOME
  2. ブログ
  3. 自信がなく最初の一歩を踏み出すのが怖い

自信がなく最初の一歩を踏み出すのが怖い


今回のテーマは
「自信がなく最初の一歩を踏み出すのが怖い」
についてです。

■そもそも「自信」って何?

言葉の意味としては「自分を信じる」ことです。
さらに、僕の場合は

「絶対にやり抜く!という自分の信念」

でもあると考えています。

「デキる」
「デキない」

ではなく

「やりたい!」

です。

■自信がないことは問題なのか?

えっ?「自信」って
「デキる」

「デキない」
かじゃないの?

一般的には、そうかもしれません。
でも、そこの視点立っている限り、今回の

「自信がなく最初の一歩を踏み出すのが怖い」

から脱することはできないと思うのです。

目的は、この不安や悩みの解消ですね。
そのためには、別の視点から考えてみることが大事なんです。

例えば、赤ちゃんは

「2本足で立つ自信があるから立てるのか」
「言葉をしゃべれる自信があるからしゃべれるようになるのか」

ということです。

子どもの頃
「自転車に乗れるという自信があるから乗ろうとするのか」
あるいは、成人してから
「自動車を運転できるようになる自信があるから免許を取るのか」
ということです。

どれも

「デキるからやる」
「デキそうだからやる」

じゃないですよね。

「そうしたいからやる」

のです。

だから、何かを始める時に

「デキる」
「デキない」

は問題ではなく

「それをやりたいかどうか」

が大事なのです。
そこをじっと見つめてみる。

■最初の一歩を踏み出すのが怖い

そして、今回のテーマには

「自信」

以外にもう一つ考えてみるべき視点があります。

それが

「最初の一歩を踏み出すのが怖い」

という気持ちです。

これは

「当たり前」
「普通」

ですからね。

だれでも、初めてのことはドキドキするもの。
初めて行った土地で、土地勘がない時も何となく不安ですよね。

例えば、海外へ行ったことがない人が、初めて海外旅行をしようと考える。

不安な気持ちになる。
でも、その不安を乗り越えるのは、やはり

「行きたい!」

という気持ちです。

それが強いと、不安も何も吹っ飛ばして、いきなり申込んじゃう(笑)
その気持ちがちょっと弱いと

「不安」

な方に意識が向いてしまうのですね。

■大事なコトはやりたいかどうか

だから、大事なコトは

「やりたいかどうか」

なんです。
そこをしっかり考えてみる。

なお、コンサルティングでは、この段階で

「うん!やってみたい!やってみます!」

となる人が半分。

でも、あと半分の人は、ここで

「えっ、あたし本当にこれやりたいのかな?」
「自分でもそれがよくわからない」

となります。

これも、この相談を受けている時の

「あるある」

です。

では、そうした人はどうしたらいいのか?

ちょっと長くなってきたので、これについては次の記事で書きますね!

 

【経営のレシピ】

何かを始める時に「自信」の有無は必要じゃない。
また、新しいことを始める時に「不安」になるのは普通。

大事なコトは

「それをやりたい!」

という想い。

自信の有無や不安に意識を向けるのではなく、自分にとって

「それをなぜやりたいのか?」
「やる意義」
「やった先に広がる世界」

を考えてみる。
 
 
 

自分の強みを活かしながらビジネスを進めていきたい方へ

  • 自分らしさを大切にしながらビジネスをしていきたい
  • 自信を持てるようになりたい
  • やりたいことを形にしたい
  • 最近多い「売り込み」スタイルじゃない、売り方を身につけたい

そんな方向けに役立つ情報を毎週月曜、水曜、金曜の3回、朝8時に配信中

無料メールマガジンに登録する

LINE@でも情報配信中!


関連記事