1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジネスセンスを磨く脳トレ

ビジネスセンスを磨く脳トレ


法人クライアントの本社が三越前にあり週2回ほどそちらへ伺っています。

そして、今、三越前がとても熱いのです。

クライアント先が、日本橋近辺の再開発を8年ほど前から初めていよいよ完成。

そんな日本橋にある「コレド」ブランドの商業施設は、小売りにおいてもトレンドの最先端を行っているのですね。

そんなコレドの商業施設で、先日チラシを配布してました。

普通の人であれば、それをもらって興味あるものであれば使う、興味ないものであれば捨てるでOK。

でも、これは「顧客目線」です。

ビジネスセンスを磨くためには、これにプラスして「売り手目線」で考える。

そして、それは起業した人にとってはとても大事なコトです。

少なくともチラシのデザイン、印刷、そして配布に「費用」は発生していますよね。

つまり、そこには必ず「経営上の意図」がある。

そう考えたときに

「なぜ、このチラシを配布しているんだろう。新規獲得?リピート?」

「デザインや内容的にターゲットはどこを意図しているのかな?」

「自分が行ってみたくなったら、どこに惹かれたのか?」

「逆に興味がわかなかったり、記憶に残らない感じだったら何がまずいのか?」

「そう考えたときに、自分だったらどうするかな?何か改善点ないかな?」

などを考えたり、さらに

「キャッチコピーやデザイン、魅せ方で何か自分に使えそうな部分ないかな?」

などチラシ1枚からでもたくさんの学びや気づきが得られるのです。

何気なくもらっていたらもったいないし、東京は、その観点で見たら、学び放題ですね。

下手な講座行くよりも、何十倍も活きた学びになります。

あ、でも、「ライジング」の講座は、こうした情報をもとに構成しているので、行ったほうがお得です(笑)

【経営のレシピ】

チラシを見る時に

「顧客目線」

だけで考えず

「売り手目線」

「経営者の意図の観点」

からも考えてみる。


関連記事