1. HOME
  2. ブログ
  3. 個人事業者は最大100万、法人は最大200万の持続化給付金の支給

個人事業者は最大100万、法人は最大200万の持続化給付金の支給


個人事業者は最大100万、法人は最大200万の持続化給付金の支給について27日に受付開始についての速報が発表されました。
50%以上売り上げが下がった月があれば申請できます。

2020年度補正予算が4月30日に成立すれば、翌5月1日から申請の受付が開始となります。
最新情報をチェックして対応していってください。

なお、無条件で100万、200万がもらえるわけではありません。
当然、減少分であることと、申請が必要です。

こちらが経済産業省からの概要です。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

経済産業省から動画でも説明が出ています。

■給付金について
https://www.youtube.com/watch?v=r2h035U4lcI

■申請方法について
https://www.youtube.com/watch?time_continue=46&v=AlIkUy3FAnU

詳細の手続きについてはこちら

■個人事業者
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_kojin.pdf

■法人
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_chusho.pdf

これで必要なことはすべて把握できます。
何もせずにただ何とかしてくれるのを待っているのはダメで理解する努力は必要ですが、契約している税理士さんがいる場合は、税理士さんへ相談してください。

あとはもちろん、問い合わせ先も掲載されていますが、殺到するのでつながるのに時間がかかるでしょう。

必要な情報は会計ソフトを入れている人はすぐに出るかと思います。
また、確定申告も早めに済ませていた人は対応もすぐにできるでしょう。

経営塾生やクライアントには月次での収支管理、早めの申告を促していますが、対応しているとこうした有事の時に役立ちますね。
とりあえず、まずは、5/1に向けて準備をし、これまで月次での管理をしていなかった人はこれを機会に、取り組み始めてくださいね。

 


関連記事