1. HOME
  2. ブログ
  3. 学んだ時間やお金を最大限活かす方法

学んだ時間やお金を最大限活かす方法

経営力

子どもの学びは「覚える」ことだ。
そして、テストまで忘れないこと。

無事テストまで忘れなければ、いい点数が取れる。
これが子どもの学び方だ。

でも、僕ら経営者の学び方は違う。
僕ら経営者にとっての「点数」は何だろうか?
点数は誰がつけるのだろうか?

■経営でも80点以上は目指す

経営においても0点はまずい。
50点だと綱渡りだ。

出来れば80点以上を求めたいもの。
では、その点数は誰がつけるのか?

答えは・・

そう「お客さん」だ。

お客さんにとって、価値あるものを手に入れる代わりに対価としてお金を払う。
だから、提供されたものが、金額に見合わないと感じるとクレームになる。
80点以上だとリピートしてくれるようになる。
100点満点以上だとクチコミが起こる。

■経営者の学び方

お客さんに80点以上をもらうようにするために、大事なことは
「学ぶ」
ことだ。

まず、お客さんに来てもらうための「集客・マーケティング」
そして、お客さんの満足度を上げるための方法。

これらは、思いつきでやらない方がいい。
なぜなら、
「確実に、成果が上がるやり方」
があるからだ。

だから、セミナーなどで学ぶ。
そして、その時に大事なことは
「学んだことを覚えること」
ではないのですね。

なぜなら覚えただけじゃ何も起こらないからだ。

大事なことは
「新たに得た知識」

「実際に行動に移すコト」
だ。

新たな行動をすることで、新たな結果が生まれる。
そして、その新たな行動が実を結べば、集客率や売上の向上につながる。

多くの人が
「学んだだけ」
になっていることがあり、もったいない。

ぜひ、セミナーなど参加した時は、ひとつでもいいので24時か以内に行動することを見つける。
そして、実際に行動する。

そうすることが
「大人の学び」
であり、学んだ時間やお金を無駄にせず活かす方法だ。

【経営のレシピ】

経営者における点数は価格に対する評価
その点数をつけるのはお客さん。

そのお客さんに出逢い、お客さんの満足度を上げるためにセミナーなどで学んだことは
「覚える」
のではなく
「新たな行動を見つけ実践する」
こと。

 


関連記事