創業後支援センター「ライジング」とは?

【創業前の支援】

創業前に主に行うことは
・屋号や会社名を決める
・商品やサービスづくり
・店舗やサロンであれば契約や内装
・事業計画書づくり
・必要に応じホームページなどの作成
などです。

そして、これらのアドバイスや支援は
「考えるべき必要な項目が決まっている」
「項目を提示し、考える作業、決める作業は創業者本人」
なので経営経験がなくても行えます。

【創業後の支援】
一方で、創業後は、
・動き始めることで起る様々な課題解決
・想定外の事象に対する計画の見直しと軌道修正
が主となり、これはまさにケースバイケースです。

そして、この課題解決は
・どのようなケースがあるかの事例の知識量
・その発生した課題に対する解決経験と対処法のノウハウ
・目指す目的・目標へ向けて、課題が発生したことによる「ずれ」を軌道修正してくスキル
が重要となってきます。

創業後支援センターでは、この「創業後」におこる
・単なる経営知識ではなく自分の事業に合わせた応用・活用
・事業推進する過程で発生した創業者が対応経験がない課題
・課題解決するための意思決定の仕方
・自分だけではないチームとしての成果の上げ方の課題
・自分の事業に合わせたデジタルツールの実践的活用
・さらにスピードアップしていくための軌道修正
などを中心に扱っています。

これらが行える背景としては
・20年間にわたるビジネスの現場での課題解決経験
・1人ビジネスから100名規模の組織の運営経験
・ジョイントベンチャーや雑貨店などの経営経験
・講座やコンサルティング、経営塾を通した年間500名を超える創業者の支援経験
などが上げられます。

もし
・創業前に作成した計画どおりに進まない
・きちんと事業計画書を作成せずに動き始めてしまったのでよりどころとなる計画がない
・事業がうまくいかないがそもそもどこがおかしいのか、何が課題なのかがわからない
・実際の経営や事業推進経験がない人の話だと具体性に欠けてよくわからない
・机上の理論よりも実践的な対策を知りたい
・上から目線の「先生」ではなく、共に課題を考え事業推進をサポートしてもらいたい
という方は、相談ください。

豊富な知識と実践経験のデータベースから、あなたの悩み、課題、不安解決のための道筋を照らし
目指す目的・目標へ向けて上昇するお手伝いをしていきます。





また、創業した人にとって大事なのは、同じ立場の仲間です。
創業した人の悩みや創業した人にしかわかりません。

これは、残念ながら、創業期のスタッフであっても経営者の悩みはわかりません。
だからこそ、この創業後支援センターでは、仲間づくりも大切にしています。


あなたのビジネスの発展のために、創業後支援センター「ライジング」をぜひ活用ください。

関連記事

  1. 講座・セミナー依頼

  2. 代表 かりや コージ Profile