SNSやWebサイトをパソコンとスマホで見る割合は?

2015年にGoogleはモバイル検索の割合が過半数を突破したと発表しました。
そして、今や、圧倒的にスマホでの参照率が上がっています。

その割合は・・

パソコンが2割、スマートフォンが8割!
圧倒的な差ですね。

実際に、自分のビジネスやクライアントのホームページやランディングページのアクセス数を見ると・・
時にはスマホ経由が9割ということもあります。

そのために最近は
「モバイルファースト」
という言葉を良く見かけるようになりました。

「モバイルファースト」とは

——————–
スマートフォンでもストレスなく
利用できるデザイン
——————-

ということです。

つまり、これからは

「パソコンで見た時」

以外にも

「スマホで見た時」

も意識したホームページやLPづくりが重要になってきます。

ワードプレスや、ペライチといった簡単にホームページやブログ、LPを作れる
サービスは、パソコンで見る時はパソコン用スマホで見る時はスマホ用に表示を自動で
切り替える

「レスポンシブ対応」

が基本になってきました。

この割合や「モバイルファースト」という言葉。

これからのデジタル戦略では重要なのでまわりで知らない人がいたら教えてあげてね!

関連記事

  1. 自分の「スキル」が売れるサイト

  2. 女性起業セミナー@TOKYO創業ステーションでした

  3. 新たなチャレンジは、どちらかが必ず当たる!ハズレなしの宝くじ

  4. 起業女子のための事業計画書作成講座

  5. グーグルの検索結果はPCとスマホで実は違う!?

  6. チームワークって大事

  7. 前に進む勇気

  8. ~しなければならないということはない