創業後支援センター「ライジング」とは?

創業して1年目~3年目の創業期にはさまざまな悩みや課題、不安が発生します。

例えば

・商品・サービスの組み立て方
・単価設定や利益の出し方
・集客やマーケティング
・ホームページやブログ、SNSなどのデジタルツールの活用
・自分自身のタイムマネジメント
・さまざまな課題の解決方法

などです。

さらに、事業が順調に伸び、創業メンバーから社員を増やしたり、社団法人やNPO法人として「組織」づくりになっていくと、新たな悩みや課題、不安が発生します。

例えば

・リーダーシップの発揮の仕方
・ビジネスのコアコンセプトの組織への浸透
・ひとりひとりが自立して動くチームビルディング
・指示の出し方や効果的な定例ミーティングの仕方

などです。

そして、これらは3つのステップで解決できます。

1.知らない知識はまず学び「知る」こと

2.知識を自分のビジネスや状況に合わせて理解し「わかる」こと

3.実践を繰り返し「できる」ようになること

です。

そのため、この創業後支援センター「ライジング」では、創業期および第二創業期の起業家や経営者を対象に公開講座や経営塾、コンサルティングを通して「知る」「わかる」「できる」を支えています。





また、創業した人にとって大事なのは、同じ立場の仲間です。
創業した人の悩みや創業した人にしかわかりません。

これは、残念ながら、創業期のスタッフであってもです。
だからこそ、この創業後支援センターでは、仲間づくりも大切にしています。


あなたのビジネスの発展のために、創業後支援センター「ライジング」を活用ください。

関連記事

  1. 講座・セミナー依頼

  2. 個人起業家支援実績

  3. 代表 かりや コージ Profile