1. HOME
  2. ブログ
  3. 失敗が人間を成長させると、私は考えている by 本田宗一郎

失敗が人間を成長させると、私は考えている by 本田宗一郎

今日はHONDAの創業者、本田宗一郎の言葉から学んでいきましょう!

失敗が人間を成長させると、私は考えている。
失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。

本田宗一郎

ビジネスの世界では「失敗」は当たり前

ビジネスの世界では「失敗」は当たり前です。
なぜならば、すべてが「新たなチャレンジ」だからです。

そして、不確定要素がいっぱいの中での「チャレンジ」で100%確実うまく行くというコトはない。

だから、何も失敗がない時は、何も新たなチャレンジしていない時です。
つまり、失敗経験がたくさんある人は、それだけたくさんのチャレンジをしてきたということです。


なお「失敗」は気持ち的には凹んだり、悲しかったりするでしょう。
それは人として、その気持ちを味わうコトは大事です。

ただ、そのままにしちゃダメなんですね。

 

失敗は宝物

失敗の中に、実は、本やインターネットからの情報だけでは学べない、あなただけの価値ある学びがたくさん入っています。

例えば

・何か手順を間違えていた
・コミュニケーションの取り方を間違えた
・思い込みで動いていた
・事前に調べることなく何気なく行動してしまった
・以前の失敗から学ばずに同じ失敗をしてしまった
・準備を十分にせずに、見切り発車してしまった

などなど。

客観的に「振り返る」ことで

「何がまずかったのか」
「本来やるべきことでしていなかったことは何か」

が見えてきます。

それが見えたら、次は、同じ轍を踏まないようにすればいい。
そうすることで、成功する確率が上がります。
経営者として成長することができます。


つまり、失敗を通して僕らは成長できるし、成功する確率を高めることができる。

だからこそ、5年、10年と経営して来ている人は、本田宗一郎の

「失敗が人間を成長させると、私は考えている。
失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。」

の言葉の意味がわかるのですね。

なお、圧倒的に、みんなこの「失敗」したことにとらわれて、振返りをして、それを次に活かすのが下手なのですね。
自分ひとりで、成功する確率を高めるのが苦手な人は、相談してくださいね!

 

【経営のレシピ】

失敗が人間を成長させると、私は考えている。
失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。


by 本田宗一郎

関連記事